アイフル | 今すぐ100万円借りる方法

東証一部上場のアイフル

東証一部上場のアイフル

詳細・お申し込み

実質年率4.5%~18.0% 限度額500万円
保証人不要 最短即日融資

アイフルお申し込み・ご契約方法

  • パソコン、ケータイ、スマートフォンによるWeb契約申し込み (※1)
  • (※1)インターネットでは24時間365日申し込みを受付しています。
  • 店頭窓口による申し込み (※2)
  • 自動契約機による契約申し込みなど (※2)
  • (※2) 今すぐにお金を借りたい場合は、インターネット申込みを行った上で電話連絡をしたり、窓口や自動契約機で契約をすると、待ち時間もなくスムーズです。

詳細・お申し込み


銀行カードローンと消費者金融の違い

業  者 融資スピード 金  利 特  徴
銀行カードローン ★★★☆☆ ★★★★★

銀行のカードローンは、低金利で消費者金融と比べて審査に時間がかかるのが特徴です。

>> 100万円借りたい【低金利ランキング】

銀行系消費者金融 ★★★★★ ★★★☆☆

消費者金融のカードローンは、少し金利が高めで融資までスピーディーなのが特徴です。

>> 100万円借りたい【融資スピードランキング】

お金を借りれる業者はそれぞれ特徴があります。ご自身に合った業者からキャッシングしましょう!



お悩み解決Q&A:返済管理が簡単にできる元利均等返済方式

融資を受けたら元金に利息をつけて返済をしていかなくてはなりませんが、実は利息の返済方法を選ぶことができます。 その一つが元利均等返済です。 元利均等返済は、毎回の返済額の中に元金と利息を含んで一定額を返済していくという方法です。 では、具体的に例題から説明していきましょう。 年利3%で1000万円の住宅ローンを組んだケースを年間の返済額でみてみます。 35年で完済する場合、1年間の返済額は461,820円です。 1年目の利息は297,756円(1000万×0.03÷365×365)ですので、1年間の返済額461,820円の中の164,064円が元金の返済に充当されます。 となると、9,835,936円(1000万-164,064)が元金残高です。 2年目の利息は292,766円(9,835,936×0.03÷365×365)ですので、1年間の返済額461,820円の中の169,054円が元金充当分になり、9,666,882円が元金残高です。 ・・・このように計算をしていくことで、35年後には元金残高がゼロになり完済できるでしょう。 計算は面倒ですが、返済シミュレーションを使えば簡単に返済計画が立てられます。 また、毎回の返済額が変わらないので家計簿がつけやすいのが特徴で、そのため返済の管理がしやすいでしょう。 ちなみに、この計算式は固定金利の場合であり、変動金利になると返済額が変わってくることになるので注意してください。

ページトップへ戻る