ジャパンネット銀行 | 今すぐ100万円借りる方法

ジャパンネット銀行でお金を借りる

ジャパンネット銀行カードローン

実質年率2.5%~18.0% 限度額1000万円
保証人不要 最短即日融資

ジャパンネット銀お申し込みの流れ

ジャパンネット銀行お申し込み・ご契約方法

  • ネットバンクにログイン後、契約申し込み
  • ※普通預金口座をお持ちの方

  • インターネットからネットキャッシング+普通預金口座開設の同時申し込み
  • ※普通預金口座をお持ちでない方


銀行カードローンと消費者金融の違い

業  者 融資スピード 金  利 特  徴
銀行カードローン ★★★☆☆ ★★★★★

銀行のカードローンは、低金利で消費者金融と比べて審査に時間がかかるのが特徴です。

>> 100万円借りたい【低金利ランキング】

銀行系消費者金融 ★★★★★ ★★★☆☆

消費者金融のカードローンは、少し金利が高めで融資までスピーディーなのが特徴です。

>> 100万円借りたい【融資スピードランキング】

お金を借りれる業者はそれぞれ特徴があります。ご自身に合った業者からキャッシングしましょう!



お悩み解決Q&A:比較して選びたい銀行系キャッシング

銀行系キャッシングは比較して選ぶようにしましょう。 一般的な消費者金融と比べて、金融機関ごとに金利・限度額に差があるのです。 消費者金融の場合、最高金利はほとんどの業者で18%にしておりますが、銀行系キャッシングは18%と比較的高いところもあれば、10%に設定しているところもあります。 初回融資で8%もの金利差が生じますので、少しでも低金利な金融機関を探したほうがよいのです。 銀行系キャッシングは、銀行が運営する機関と、銀行が提携しており消費者金融が運営している業者があります。 前者は金利が低く、限度額も大きいのが特徴です。 初回融資で年利10%、限度額700万円以上に対応しているのは銀行くらいのものでしょう。 さらに総量規制の対象外となるので、消費者金融に適用される貸付額(年収の3分の1まで)の対象外となります。 後者は金利がやや高く、限度額は300~500万円くらいです。 総量規制の対象となるため、貸付額は年収の3分の1までとなります。 銀行と比べて不利な条件ですが、審査に通りやすく、融資までも早いという特徴があります。 30日間無利息などのキャンペーンを実施しているのも、このタイプに多いです。 使い勝手は、どちらのキャッシングも違いがありません。 カードローン用の専用カードを使用して、ATMでお金を借りることができます。 長期的に借りることを考えると銀行のほうが有利ですが、すぐに借りて返済するならばどちらでも問題ありません。

ページトップへ戻る