モビット | 今すぐ100万円借りる方法

三井住友銀行グループのモビット

三井住友銀行グループのモビット

詳細・お申し込み

実質年率3.0%~18.0% 限度額800万円
保証人不要 最短即日融資
※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

モビットお申し込み・ご契約方法

申し込み方法

  • パソコン、ケータイ、スマートフォンによるWeb契約申し込み
  • 店頭窓口による契約申し込み
  • 近くの銀行・コンビニでご利用可能!
  • 口座振替で返済可能、銀行振込で返済可能、提携ATMで返済可能

詳細・お申し込み


銀行カードローンと消費者金融の違い

業  者 融資スピード 金  利 特  徴
銀行カードローン ★★★☆☆ ★★★★★

銀行のカードローンは、低金利で消費者金融と比べて審査に時間がかかるのが特徴です。

>> 100万円借りたい【低金利ランキング】

銀行系消費者金融 ★★★★★ ★★★☆☆

消費者金融のカードローンは、少し金利が高めで融資までスピーディーなのが特徴です。

>> 100万円借りたい【融資スピードランキング】

お金を借りれる業者はそれぞれ特徴があります。ご自身に合った業者からキャッシングしましょう!



お悩み解決Q&A:保険料控除で税金を安くする

日本の税制では様々な控除があります。 控除とは課税される金額が小さくなる制度を指します。 税金は、課税対象となる金額に税率を乗じて計算されます。 例えば、税率が10%の場合、100万円の所得があれば10万円の税金を支払うというように割合で定められるのが一般的なのですが、控除があれば元になる金額を小さくして計算することができます。 例えば、控除として30万円が認められた場合、課税対象となる金額は100万円から30万円を差し引いて70万円となりますから、これに税率を乗じて7万円が税金となるのです。 このような控除は様々なものがあって、その一つとして保険料控除があります。 保険にも色々なものがありますが、一般の消費者が利用するのは生命保険と火災保険、地震保険などです。 このような保険に加入すれば保険料を支払わなければなりませんが、この保険料は一定額まで控除が認められますから、税制面で優遇されていると言えるでしょう。 保険料の控除を受けるためには、保険料の支払証明書を会社に提出する事が必要となってきます。 たいていの保険会社では年末が近づくと証明書を郵送してくれますから、これによって照明することができます。 もしも証明書が郵送されてこなかったり、あるいは紛失したりした場合には保険会社に問い合わせれば発行してくれます。 税務期限までに申告をしなければなりませんから、期限が近づくまでに証明書を手に入れておくことが必要となってきます。

ページトップへ戻る