プロミス | 今すぐ100万円借りる方法

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス

プロミスから今すぐに100万円借りる

詳細・お申し込み

実質年率4.5%~17.8% 限度額1~500万円
保証人不要 最短即日融資も可能
※最短1時間融資







詳細・お申し込み

Webで即日融資
※最短即日融資:お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。


銀行カードローンと消費者金融の違い

業  者 融資スピード 金  利 特  徴
銀行カードローン ★★★☆☆ ★★★★★

銀行のカードローンは、低金利で消費者金融と比べて審査に時間がかかるのが特徴です。

>> 100万円借りたい【低金利ランキング】

銀行系消費者金融 ★★★★★ ★★★☆☆

消費者金融のカードローンは、少し金利が高めで融資までスピーディーなのが特徴です。

>> 100万円借りたい【融資スピードランキング】

お金を借りれる業者はそれぞれ特徴があります。ご自身に合った業者からキャッシングしましょう!



お悩み解決Q&A:金利の低い変動金利

変動金利とは、市場の金利動向に合わせて変動するタイプのものを指します。 具体的には金利水準がどのようにして決まるのかというと、これは金融機関が独自に設定していて、公開されているわけではありません。 ただ、市場を反映して決めるというのが一般的です。 金利市場には様々なものがあるのですが、変動金利に関連しているのがコール市場です。 コール市場とは、金融機関同士が資金を融通し合う取り引きの総称です。 金融機関は資金が足りなくなると他の金融機関から借りることがありますが、このような市場をコール市場と呼びます。 銀行同士の信用に基づいて取り引きされ、無担保で取り引きされるのが一般的で、実際に取り引きされるは無担保コール翌日物と呼ばれます。 コール市場で決まった無担保コール翌日物の金利をもとにして、金融機関は短期プラムレートという金利を設定します。 色々な融資では短期プライムレートに一定の金利を上乗せした水準で金利を決定することになります。 このようにして決められますから、市場が開いている限りは金利が変動していると考えるべきでしょう。 そのメリットは、他の金利タイプに比べると金利水準が低いという傾向があります。 金利を抑えた人には適したものだと言えるでしょう。 ただ、将来的に利上げが起こった場合には利息の支払金額が大きくなりますから注意が必要です。 すぐに金利が上昇する可能性はあまり高くはありませんから、短期的な資金需要には適していると言えるでしょう。

ページトップへ戻る